第 18 回 統計教育の方法論ワークショップ・理数系教員授業力向上研修会(東京)

The 18th Japan Conference on Teaching Statistics (JCOTS2021) February 26-27, 2021 in Tokyo

初等中等から大学に至る統計・データサイエンス教育の体系化と評価の枠組み


日時: 2021 年 2 月 26 日(金)・27 日(土)
場所: オンライン(zoom)
主催: 日本統計学会統計教育分科会
日本統計学会統計教育委員会
情報・システム研究機構統計数理研究所
(共研究課題番号:2020-ISMCRP-4604;2020-ISMCRP-5006 ; 2020-ISMCRP-5007)
共催: 統計関連学会連合統計教育推進委員会
日本品質管理学会 TQE 特別委員会
全国統計教育研究協議会
数学教育学会
東京理科大学理数教育研究センター数学教育研究部門
実践女子大学女性データサイエンス教育研究所
高校数学・新課程を考える会
後援: 一般財団法人 統計質保証推進協会
日本数学教育学会
一般財団法人・理数教育研究所

更新日:2021 年 1 月 20 日

ワークショップご案内と発表募集


第 18 回統計教育の方法論ワークショップ
実行委員長 統計数理研究所 椿 広計
事務局担当 実践女子大学 竹内 光悦

毎年行っています「統計教育の方法論ワークショップ」ですが、今回は次のテーマで開催いたします。

初等中等から大学に至る統計・データサイエンス教育の体系化と評価の枠組み


今回も以下のようなトピック例をはじめ、広く統計教育にかかわる研究成果・授業実践事例の発表を募集いたします。発表をご希望される方は下記連絡先までご申し込みください。 その他、様々な統計教育・データサイエンス教育で最新の話題提供を計画しています。

発表について

本ワークショップでは、統計教育にかかわる研究成果・授業実践事例の発表を募集いたします。発表をご希望される方は、以下の発表内容を事務局に電子メールでお申し込みください。

なお、本ワークショップは、日本統計学会の会員でなくても、発表申し込みおよび参加ができますので、多くの方のご参加をお待ちしております。

今後のスケジュール

なお、予稿原稿の提出は事務局まで電子メール(添付ファイル)にてご送付ください。予稿原稿作成においては、以下のフォーマットに従い、6 ページ以内の偶数ページでご準備ください。予行原稿は本サイト上で公開いたしますので、執筆の際には著作権等につきましてご注意ください。

予稿原稿フォーマット

ワークショップ運営

本ワークショップの場を活用していただき、小学校の児童および中学校、高等学校の生徒を対象に統計教育に関っている教師の方や、大学等高等教育機関で統計教育を担当している教員の方、さらには、広く社会人への高度専門職能教育の一環として統計教育に携わっている方々に、日頃の教育成果の発表や相互の情報交換や交流を深めていただければ幸いです。

また本ワークショップにおいては、特に優秀と認められた研究報告については、日本統計学会が設ける統計教育賞への推薦も併せて行うと同時に、その内容を統計教育 WEB サイトにおいて公表します。

参加について

  • 本ワークショップへ参加費は無料です。参加申込を現在準備中です。お待ちください。
  • 問い合わせ

    第 18 回統計教育の方法論ワークショップ 実行委員長
    委員長 統計数理研究所 椿 広計
    日本統計学会統計教育委員会
    委員長 実践女子大学 竹内 光悦
    日本統計学会統計教育分科会
    主査 宮崎大学 藤井 良宜
    第 18 回統計教育の方法論ワークショップ 事務局
     鹿児島純心女子短期大学 末永 勝征
    E-mail: sesjssあっとまーくstat.k-junshin.ac.jp(ワークショップに関する問合せ)
    [あっとまーくは @ にしてください]